​不動護摩祈祷

不動護摩祈祷とは?

護摩は、供物を火に投げ入れて祈願するという意味のサンスクリット語(ホーマ)の音写です。

​インドのバラモン教の火天(アグニ)を御本尊とし、供養を奉修して、魔を除き、福を求めるために行われた供儀を、仏教に取り入れたものです。

​護摩木を積み、爐で燃やして、五穀・五香を投じ、香油を注ぎ供養することにより、ご願主の煩悩を焼きつくして、所願の成就を、不動明王様に御祈願申し上げる密教の法要です。​​​

個人様よりご依頼いただく、

特別不動護摩祈祷も奉修いたしております。

ご希望の方は、

金勝山金勝寺まで​、ご連絡ください。