近江の虚空蔵さん

​「十三まいり」

「十三まいり」は、数え年13歳になられたお子様の、幸せと健やかな成長を感謝し、これより先益々の知恵と福徳を授かるために、広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った虚空蔵菩薩様に参拝するお祝いの伝統行事です。

なぜ、数え年13歳の時に参拝するのでしょうか?

生まれた干支が初めてめぐってくる歳が数え年の13歳です。「十三まいり」がはじまった江戸時代中ごろでは、数え年の13歳は元服の年齢でした。すこやかに大人として成長したことを感謝し、知恵と福徳を授かるために虚空蔵菩薩にお参りするようになったことから、数え年13歳の時に参拝するようになったといわれています。

特に女の子は、数え年13歳は女性にとってはじめての厄年になるので、厄落としの意味でもありました。

ご祈祷料  5,000円​